厳選☆給水管の診断業者6社

水の色が変わった時や水道料金が高くなった時は給水管を診断

HOME > 給水管の診断について > 水の色が変わった時や水道料金が高くなった時は給水管を診断

水の色が変わった時や水道料金が高くなった時は給水管を診断

多くの集合住宅には、屋上に近い箇所に給水タンクがあります。
水道管から運ばれた水は、一旦そのタンクに貯められている訳です。
万が一の地震が発生した時でも、そのタンクの水が使われますから、震災には強いと言われています。
ただしタンクに水を貯めているなら、定期的に診断を行う方が良いでしょう。
特に水の質が変わってきた時などは、早めに診断を行う方が無難です。
例えば水の色が変わってくるケースが、たまにあります。
ある時までは透明色だった水に、いつの間にかサビのような物が混ざってくる事もあります。
その他にも、水漏れが疑われる時などは、早めに診断を行っておくと良いでしょう。
早期に給水管の状態を確認しておけば、面倒なトラブルになるのを防ぐ事ができます。
古くなってきた住宅は、早めに検査を実行するのが無難です。


例えば築年数が15年目にさしかかった住宅の給水管は、一度は診断してみるのが望ましいです。
その頃になると、水道の質も変わってしまう傾向があります。
上述の錆色の水も、その1つです。
そもそも給水管の内部の状態は、常に新しい訳ではありません。
年数が経過すれば、パイプの中も錆びてしまう訳です。
そのまま水を使い続けるのは、とてもリスクが大きいです。
水が赤茶色になっている以上、酸化鉄が混入している可能性があります。
それを飲み続けてしまうのは、健康被害も想定されます。
水は毎日使い続ける訳ですから、綺麗な状態にしておくに越した事はありません。
ですから14年目や15年目の給水管の診断を行うのは、大いに意味があります。
早めに状態を確認して、新しい給水管への交換も検討してみると良いでしょう。


診断を行うべき理由は、もう1つあります。
水道料金の加算です。
古くなった住宅の場合、水道管の一部から水が漏れてしまう事があります。
年数が経過してしまうと、水道パイプの一部が割れてしまって、水が漏れるケースも少なくありません。
それを放置しておくのは、費用が高く付いてしまいます。
水が漏れ続けていれば、水道料金は加算され続けてしまうからです。
ある時までの水道料金は月数千円程度だったのに、水が漏れ始めた頃からは、月数万円以上になってしまう事も少なくありません。
ですから水道料金が高くなってきた時は、一度は給水管の診断を行ってみると良いでしょう。
それで水漏れの箇所が特定されれば、早期に修理を行って、水道料金が加算されるのを防ぐ事ができます。
たとえ検査費用がかかっても、診断しておく方が良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー