厳選☆給水管の診断業者6社

水の有害性が気になる時は給水管を診断

HOME > 給水管の診断について > 水の有害性が気になる時は給水管を診断

水の有害性が気になる時は給水管を診断

水道水の安全性に関して気にしている方は、とても多いです。
水道水の中には、塩素が含まれています。
塩素はとても大切な役割を果たしていて、殺菌作用があります。
塩素が含まれていなければ、水道の蛇口から出てくる水の中には、雑菌類が含まれている可能性もある訳です。
その塩素の害を気にしている方も、少なくありません。
塩素という成分は、全体に悪影響を及ぼすと見なされていますから、水道水を飲むのは控えるべきと考えている方も多いです。
ですが塩素よりも懸念される点があって、タンクの経過年数などは軽視できません。
給水管の状態も、また軽視できないポイントになります。
水の害が心配な時は、塩素を気にするというより、むしろ給水管の診断がおすすめです。
蛇口から出てくる水の質にも関わってきますから、確認してもらう方が無難です。


塩素は、確かに肌にはあまり良くありません。
プールの水に入った後には、肌がヒリヒリしてしまうケースもあります。
ですが塩素という成分の濃度は、そこまで高くありません。
確かに水道水の中に塩素は入っていますが、それも微量に過ぎません。
たとえ一生涯に渡って水道水を飲み続けたとしても、健康被害は生じないとされています。
それよりも深刻なのは、給水パイプの状況です。
例えばパイプの中が錆びているのは、あまり好ましくありません。
錆びている状態ですと、赤錆つきの水を飲むことになってしまいます。
長期間にわたってその水を飲み続けるのは、とてもリスクが大きいです。
水道水が赤くなってきた時などは、要注意です。
水の中に酸化鉄が入っている可能性が大なので、それを飲み続けるのは、健康被害もあり得ます。


また赤錆が入っている状態ですと、貯水タンクも劣化している可能性があります。
多くの集合住宅には貯水タンクもありますが、それを長く使い続けていると、貯められている水の質も悪くなってしまいます。
それを飲み続けるのは、健康に対する悪影響もあります。
つまり古いタンクやパイプを通過してきた水道水を飲むのは、塩素よりも健康被害が大であると見込まれる訳です。
ですから施設が古い時などは、早めに給水管の診断を行っておく方が大切です。
早めに診断を実行して、給水管やタンクなどを交換してあげれば、水の質は良くなる傾向があります。
塩素を心配するよりも、むしろ診断を前向きに検討する方が良いでしょう。
また施設が古ければ、水が漏れてくる可能性もあります。
水漏れを早めに防止する為にも、診断しておく方が良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー